2017年09月21日 事務所移転のお知らせ NEW!!
2014年10月10日 ホームページをリニューアル致しました。
2014年08月22日 リンクスホームページを更新致しました。
RRINXセミナー リンクスセミナー RINXが主催するセミナー情報
リンクス会社情報 RINX会社情報
マンション投資とは?
なぜ今マンショ投資なのか?
RINXだから出来る6つの特長
絶対東京中古1R
投資のリスク
マンション投資のメリット
プレミアム中古とは
事例紹介
リンクス理念 RINX理念
リンクスお問い合わせ資料請求会員登録
RINXリクルート リンクスリクルート
購入までのステップ
RINX主催の無料勉強会(セミナー)ご案内   Seminer Guide
現在、セミナーは企画しておりません。企画次第ホームページに掲載する予定です。 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。 また気になる方はお問い合わせしていただけると幸いでございます。

勉強会申込

ご参加された方々からのご感想を頂いております。
勉強会(セミナー)参加者にお役立てください。
お時間の都合上、無料勉強会(セミナー)に参加できない方でも、おひとり様から個別にご相談頂けます。


中古ワンルームマンション運用5大メリット   Five Advantages
ゆとりある老後を送る為に月額平均「38.3万円」が必要という調査が、生命保険文化センターから出ています。現在の月額平均受給額は「23万円」月額「15.3万円」の不足分を不動産投資を利用することによって「不労所得」として得る事が出来ます。
マンションをローンで購入する際、団体信用生命保険がついてきます。 ローンの返済途中で死亡、もしくは高度障害になった場合、本人に代わって生命保険会社がローンの残高を全部支払ってくれるというものです。
遺産を評価する際、現金や有価証券は原則、その額面が課税対象となりますが、 実物資産である不動産は購入価格おり低い評価となります。
賃貸経営を行った場合、減価償却費やローン返済に払う利息の一部、管理費などが「経費」として計上することが出来ます。
「インフレ=物価が上がり続けること」経済下では現金や預貯金などはお金の価値が下がる為、目減りしてしまいますが不動産の賃貸はインフレになっても物価指数に伴い、緩やかに上昇する傾向にあります。物価価格自体インフレの影響を受けるので、安心して資産を守る事が可能です。



マンション投資に潜む6つのリスク   Six RINX Management
空室リスク
マンション経営で最も避けたいのが空室リスクです。入居者を確実に獲得する為には、「人」がたくさん集まる「東京都内」で、室の高い分譲タイプの「ワンルームマンション」を選ぶことが重要です。また、当然ながら入居者募集に強い賃貸管理会社を選ぶことも大切です。
賃貸滞納リスク
入居者が家賃を滞納するというリスクも想定する必要があります。家賃が滞納された場合「確実に回収すること」、そして「常習化させないこと」が重要です。一ヶ月以内に素早く対処・回収し、遅延損害金は必ず取るようにしましょう。なお、当社よりご購入の物件については、滞納家賃は100%保証致しますので、ご安心ください。
資産価値低下リスク
税務上でも耐用年数が定められているように、マンションの建物自体の経年による劣化を避けることは難しいため、定期的な修繕・メンテナンスが必要です。また、耐用年数が木造の2倍以上である、鉄筋コンクリート造のマンションを選ぶことも重要です。立地や環境の良さや利便性、マンションのデザイン性など、入居者が実際に住みたいと思うかどうかも重要なポイントとなります。
資産価値低下リスク
昭和56年(1981年)以後の物件は全て、新耐震法の基準に沿って建てられています。1995年の阪神大震災や東日本大震災でも、新耐震のRC造・SRC造の分譲ワンルームの倒壊は1棟もありませんでした。特に、ワンルームタイプは壁量が多いことからファミリーマンションタイプに比べ、より耐震性に優れていると言われています。建築技術も年々進歩している為、築浅の物件を購入することがリスク回避の方法となります。もちろん、任意での地震保険に加入することも可能ですので、ご相談ください。
金利上昇リスク
住宅ローンを利用してマンションを購入された場合、金利の上昇に気を配る必要があります。ローンを組むと金利の上昇により、ローンの返済額の増加が懸念されます。ただ、金利が上昇する状況下では、景気と連動してインフレにより、物価も上昇するケースが多く、マンションの家賃収入や物件の資産価値も高くなる可能性が高いため、他の資産商品と比べると収益を確保しやすいといえます。
家賃下落リスク
近年、郊外に建てられることが多くなった新築マンションの家賃は、少しずつ下落傾向にあります。それに対して、中古マンションは、すでに都心部に立地していることが多いため、依然として人気が高く、家賃は今後も大きく変化しないと予想されます。これは、交通利便性の高さを前提とした都心部への居住ニーズが依然衰えておらず、同地域の新築は中古と比べ賃料が高額なため、中古ワンルームに賃貸ニーズが集まったことが挙げられます。


RINXだから出来る6つの特長   Six Feature Of RINX
中古マンション投資にはリスクもあります。その中で最大のリスクは借り手がつかないこと。リンクスでは、借り手がつき続ける良い物件を揃える事が出来るノウハウがあります。
リンクスが取り扱いをするエリアは全国ではありません。確実に賃貸ニーズのあるエリアを限定して、物件仕入れを行っています。
リンクスでは協力会社の賃貸仲介店舗と連携し、入居探しを行うことで、最新の賃貸ニーズを常に把握しています。
中古物件を新しい「個性」として生まれ変わらせる。実用性と先々の修繕も意識したリンクス独自のリノベーション物件。
より安心出来る中古マンション(不動産)投資を実現するために、リンクスでは空室時に募集家賃の90%を保証する「空室保障プラン」があります。
さらに、出費となる修繕を当社にて補償する追加プランをご用意しております。より計画的な運用の実現を可能にしました。
事例紹介 オーナー様からのお声を頂いております。   Case Introduction
30代男性
30代 男性|シングルパパ 埼玉県在住

『子供の将来の為に、私が出来る事を真剣に一緒に考えてくれました。』
40代女性
40代 女性|既婚 東京都在住

『友人からの縁が…超低金利の今にも関わらず、私の老後を明るくしてくれました。』
40代男性
40代 男性|既婚、子供2人 東京都在住

『私の概念を一新させてくれた、見事なプランです。もっと早く知っておけばと思うくらいです。』
20代女性
20代 女性|独身 神奈川県在住

『まったくの素人の私が、勉強会をきっかけに、これ以上にない信頼関係を感じました。』
50代男性
50代 男性|未婚 三重県在住

『他社さんでの失敗も、遠方にも関わらず親身に相談に乗ってくれました。これからの利回りに期待!』
勉強会申込