マンション投資に潜む6つのリスク
1、空室リスク

空室リスク
マンション経営で最も避けたいのが空室リスクです。入居者を確実に獲得するためには、「人」がたくさん集まる「東京都内」で、質の高い分譲タイプの「ワンルームマンション」を選ぶことが重要です。また、当然ながら入居者募集に強い賃貸管理会社を選ぶことも大切です。
リンクスが解決
2、家賃滞納リスク
2、家賃滞納リスク
入居者が家賃を滞納するというリスクも想定する必要があります。家賃が滞納された場合、「確実に回収すること」そして、「常習化させないこと」が重要です。一ヶ月以内に素早く対処・回収し、遅延損害金は必ず取るようにしましょう。なお、当社よりご購入の物件については、滞納家賃は100%保証いたしますので、ご安心ください。
リンクスが解決
3、資産価値低下のリスク
資産価値低下リスク
税務上でも耐用年数が定められているように、マンションの建物自体の経年による劣化を避けることは難しいため、定期的な修繕・メンテナンスが必要です。また、耐用年数が木造の2倍以上である、鉄筋コンクリート造のマンションを選ぶことも重要です。立地や環境の良さや利便性、マンションのデザイン性など、入居者が実際に住みたいと思うかどうかも重要なポイントとなります。
リンクスが解決
4、地震災害のリスク
地震災害リスク
昭和56年(1981年)以後の物件は全て、新耐震法の基準に沿って建てられています。1995年の阪神大震災や東日本大震災でも、新耐震のRC造・SRC造の分譲ワンルームの倒壊は1棟もありませんでした。特に、ワンルームタイプは壁量が多いことからファミリーマンションタイプに比べ、より耐震性に優れていると言われています。建築技術も年々進歩しえいる為、築浅の物件を購入することがリスク回避の方法となります。もちろん、任意での地震保険に加入することも可能ですので、ご相談ください。
リンクスが解決
5、金利上昇のリスク
金利上昇リスク
住宅ローンを利用してマンションを購入された場合、金利の上昇に気を配る必要があります。ローンを組むと金利の上昇により、ローンの返済額の増加が懸念されます。ただ、金利が上昇する状況下では、景気と連動してインフレにより、物価も上昇するケースが多く、マンションの家賃収入や物件の資産価値も高くなる可能性が高いため、他の資産商品と比べると収益を確保しやすいといえます。
リンクスが解決
6、家賃下落のリスク
家賃下落リスク
近年、郊外に建てられることが多くなった新築マンションの家賃は、少しずつ下落傾向にあります。それに対して、中古マンションは、すでに都心部に立地していることが多いため、依然として人気が高く、家賃は今後も大きく変化しないと予想されます。これは、交通利便性の高さを前提とした都心部への居住ニーズが依然衰えておらず、同地域の新築は中古と比べ賃料が高額なため、中古ワンルームに賃貸ニーズが集まったことが挙げられます。
リンクスが解決